健康体で長生きする為には|犬にも椎間板ヘルニアの危機が迫る

ドッグ

優雅さが特長の犬種

パピヨン

家庭犬向きの性質を備える

パピヨンは、体が比較的小さく家庭の中で無理なく飼育出来る犬種です。独特の姿態が優雅な印象を与え、愛好家もかなり存在します。快活で賢いのが、パピヨンの性格の特徴です。遊び好きでフレンドリーな所があり、家族の良き伴侶となってくれます。鋭敏さを兼ね備えているため、番犬としての役目も果たすのがパピヨンです。飼育する上での注意は、他の犬種よりもパピヨンは少ないと言えます。特に気になる遺伝性の病気もなく、良好な健康状態が維持出来ます。毎日の散歩を欠かさずに行っていれば、肥満に陥る可能性も低いです。ただ、パピヨンを飼育する上では足に気を配る必要があります。関節の病気が懸念される犬種であるため、歩行の様子を観察するのが一つのポイントです。見た目よりも、パピヨンの毛は薄い状態となっています。シングルコートと呼ばれる被毛を持ち、乱暴なブラッシングは禁物です。パピヨンのお手入れに関しては、皮膚に刺激を与えないような、アイテムを使用するように心がけます。活発に動き回るパピヨンは、日常生活の中での怪我にも注意を要します。段差のある場所で昇り降りを繰り返すと、足腰に少なからず負担がかかります。日ごろの習慣が災いして関節を傷めるケースもあり、飼い主側が家の中の環境を整えてあげたい所です。明るい性格だけに、好奇心を持って歩き回るのがパピヨンの特徴的な行動に挙げられます。ストレスコントロールも、パピヨンを飼育する上での課題です。