健康体で長生きする為には|犬にも椎間板ヘルニアの危機が迫る

ドッグ

ペットの供養になります

遺影

事前に安置しておく

ペット火葬がどのような流れで行われるのか簡単に説明します。まず死亡を確認して葬儀社に連絡します。そこでいろいろと打ち合わせをして、ペット火葬に至ります。葬儀は、大まかに納棺・火葬・埋葬という内容で行われます。実際に葬儀が始まるまでは死亡から少し時間がかかるので、その間にペットの遺体を安置しておく場所を作らなくてはいけません。この作業は、あとで行われるペット火葬をスムーズに行うための大切なものです。まずは棺となるものを用意します。専用の棺も売られていますが、簡易的に段ボール箱で応用することもできます。用意した棺の底にビニールシートなどを敷き、その上に毛布で包んだ遺体を収納します。これで準備は万端なのですが、さらに花やおもちゃなどの副葬品を加えたり、もし季節が夏場などで遺体が腐ることを心配するなら、ビニール袋に入れてタオルに包んだドライアイスを入れておけば大丈夫です。副葬品として入れるおもちゃは金属やプラスチックなどの燃えないもの以外なら、一緒に火葬することも可能です。ペット火葬では個別火葬・集団火葬・出張火葬のプランが用意されています。集団火葬は、ほかのペットと一緒に火葬するもので立ち会いや骨を拾ってあげることができませんが、みんなと一緒なので寂しい思いをさせずにすみます。出張火葬は移動式火葬炉を使用して、自宅や思い出の場所などで最期の別れができると人気があります。どの火葬方法であっても、亡くなったペットと残された家族のことを考えてそれぞれにあった方法を選ぶことが一番いいです。